日本の昔と今を主観で比べてみる。

変わりゆく日本。変わらない日本。

昭和初期も現在も変わらない格差社会
昭和初期の日本と、今の日本を比較してみると、大きく異なります。
例えば、職業とその収入を見てみると、お金の価値が大きく変化している事に気が付くでしょう。

昭和初期の工場労働者の月収はおよそ50円、タクシー運転手も同じ50円~60円程度です。
ちなみに、内閣総理大臣で月収が1,000円という時代です。
その為、月収100円以上の職業が憧れの的となっていたのが、昭和初期の日本なのです。

そんな月収100円以上という憧れを実現させられる職業は、ほぼ公務員しかありません。
ただ、一言で公務員とまとめても、月収には大きな差があります。
例えば、国会議員は250円ですが、大学の助教授となると92円からとなっていたからです。

こうして見ると、昭和初期の日本はかなりの格差社会だった事が窺えるでしょう。
今の日本も格差社会だと言われていますが、それよりもはるかに大きな格差がありました。
それでも格差社会だという声が少なかったのは、収入が少なくても生活に支障をきたす事がなかったからです。

また、現在のような情報化社会でもない為、他人の収入と自分の収入を比較する事も少なかったと言われています。
つまり、周りも同じような生活を行っているので、自分だけが貧しいという感覚を持たなかったのです。

筆者ご用達サイト

  • じゃらんnet

    旅行ならじゃらんnet

    筆者はよく一人旅をします。その時に使うのがじゃらんです。数多ある旅行サイトのなかでじゃらんを選んだ決め手は…CMの猫w。でも本当に使いやすいです。

    http://www.jalan.net/

  • 風俗

    郡山風俗情報ヌキなび

    筆者推薦!郡山風俗情報

    筆者がいつもお世話になっている風俗情報サイトヌキなびの郡山版!決め手は他の風俗サイトより筆者が住んでる郡山の風俗店が沢山載っているから!

    http://www.nukinavi-touhoku.com/fukushima/top/

プロフィール
プロフィール写真
名前
:猫ひらめ
性別
:男
自己紹介
:酒好き、旅好き、風俗好きなおっさんです。
誰にも誇れない仕事をしながら日々旅行と風俗の事ばかり考えて生きています。

Copyright© 2014 日本の昔と今 All Rights Reserved.